Skip to main content

REPORT: Ayurveda & Pilates ~Rainy Season Workshop Vol.2~

Yoga Viola Toricolor主催 ワークショップ シリーズ『たかめていく氣と血のめぐり ~ピラティスとアーユルヴェーダができること~』
特別講座 梅雨編 『女性力を高めるアーユルヴェーダ式食養生とピラティス』が無事に終了致しました。
前回の特別講座冬編の時と同じく、大阪谷町の刻屋さんをお借りして開催致しました。



アーユルヴェーダの智慧に学ぶ梅雨の過ごし方。
前半の座学と経絡のマッサージ&ピラティスは私Gingerが担当。スパイスやハーブを使った日本の家庭の食卓に合う料理を前回の特別講座冬編と同様に、私が The Three Flying Witches @the_three_flying_witches の活動を共にする Ayami @yummyspicespice に担当してもらいました。

今回の特別講座梅雨編は先月5月に行ったワークショップの第三回梅雨編と対をなす為、座学はごく簡単にしか理論を説明しないスタイルでした。
とは言え、この特別講座のみ初参加の方々もおられる為、これまでのワークショップでもそうしているように日本人にとってより馴染みやすい陰陽五行理論や氣血水の考えを用いつつ、アーユルヴェーダのトリドーシャを整えるために何をするのか、また女性の体調不調は身体の中の何が乱れているのが原因なのかを知るための判断材料、女性のおりもののことをお話しさせて頂きました。
これは、来月7月の第四回夏編で学ぶ女性器のケアにつながる大切な部分。
第二回春編の膣粘膜の話の際もそうでしたが、参加者の皆様の視線が熱かったです。


ピラティスでは、まず塗香で心を鎮め、氣の流れを整えるツボを順に掌にある労宮で辿りながら呼吸を深めて頂きました。また小周天のイメージを重ねて呼吸をするだけでも、身体と心の不調和は整えやすくなりますね。
呼吸が整ったらピラティスムーヴメントを少しだけ。プレピラティスのアイデアに基づいたとても簡単な動きを。肩甲骨や股関節をピラティス動的ストレッチでたくさん動かして頂き、気づいたらみんな汗をかいていました。
みなさんがわーきゃーと楽しそうに動いて下さったので私も嬉しかったです。


消化器系の経絡が流れ、呼吸で内臓もあたたかくなったところで、ワークショップ後半はAyamiのスパイス料理のデモンストレーションへバトンタッチ。

スパイスやハーブって興味はあるし好きなんだけど、自分では使いこなせない…という不安を一掃するAyamiのレシピ。
日本の食卓に合うお料理でありながら、スパイスの薬効をこっそり効かせ、しかも美味しい!というご提案。
今回も作り方のデモンストレーションをご覧いただきました。


食材を選ぶときに、自分の持っているお皿に盛り付けた時、食卓に置いた時のことを想像して…とAyamiは言います。
青菜の炒め物なら、緑が一色でも綺麗だけれど、薄い緑に濃い緑が少しだけ混ざっていたらもっと綺麗。そこに黄色を合わせたら、緑が引き立ちハッとする鮮やかさ!食欲がむくむくと湧いてきます。
磨くべきは自分の感性。
食材に心を向け、自らが楽しんで作る。
これは冬編の際にもお伝えした、お料理の基本。ひいては暮らしの基本です。


仕事はこなすと雑用になる。心を向ければ自分の生きる姿勢を磨くお稽古になる。楽しんで行うのならば、もっと素敵。
食養生を楽しいと思えたのならば、そこに少しの知識を持つ。知恵を使うことができるように。継続していると自分でも知らない間に旬の食養がわかるようになる…。

私はスパイス魔女エプロンをして、Ayamiのアシスタントを。前回同様、みなさんが熱心に学ぶ姿に感激。
テーブルセッティングを手伝って頂き、大家族のようにみんなで一緒に『いただきます!』のご挨拶。
食卓には、おにぎりにヒジキの煮物、青菜に厚揚げに…と馴染み深いお料理ばかりが並んでいます。でも、一口食べて湧き上がる歓声。
きっと気に入って下さるとは思って用意をしましたが、皆様の反応を見るまではAyamiも私も内心ドキドキ。
でもご好評をいただき今回も胸を撫で下ろしました。
私たちはお給仕にまわりましたが、お代わり!の声、やっぱり嬉しいですね。
梅雨時の消化力は、いい塩梅のキープが大切。気持ちよく食べきれないと判断したものはお持ち帰り頂きました。
脳ではなく胃袋の声を聞いて正しい判断を下すことこそ、まさに皆様の学びと実践。


冬編を受講した方々が日常的にスパイスを使い始めて下さっていることも嬉しかったです。
スパイスには奈良時代から日本にはあるのものもたくさん。私が今回使用した塗香にもスパイスがたっぷり。
身体が温まり心がうっとりとなるスパイスの魔法。
今回も皆様に届けることができて良かったです。



Yoga Viola Toricolor主催 

ワークショップ シリーズ
『たかめていく氣と血のめぐり ~ピラティスとアーユルヴェーダができること~』(全四回 + 特別講座 )

第四回 夏編 『女性器のケアと向き合う アーユルヴェーダとピラティス』
2018年7月8日 14:30-17:30 本町スタジオ 

☆増席しました。好評受付中☆


お申込み/お問合せ
Yoga Viola Tricolor 

06-6263-4141



Comments

Popular posts from this blog

Lymph Massage & Pilates + Spice Lunch WS / Spring&Summer

スパイスランチ付きリンパケア&ピラティスワークショップ 第1回春は脚からDETOX! スパイスランチ付き リンパケア&ピラティス
4月1日(日曜日)
第1部10:30~13:00☆満席
-10:30~12:00 Gingerのリンパマッサージ&ピラティス
-12:15~13:00 Ayamiのアーユルヴェーダ スパイスランチ
☆感謝!大好評につき第2部開催決定となりました☆
第2部 15:00~17:30☆お席に余裕あり
‐15:00~16:30 Gingerのリンパマッサージ&フットピラティス
‐16:45~17:30 Ayamiのアーユルヴェーダスパイスランチ

【内容】
春の身体は、出したいものがうずうずとうずいて
かゆみ、むくみ、そしてむずむずとする鼻や目。
うららかな空とは正反対に、不快な症状が悩みの種。
そんな方にお勧めしたいのがオイルマッサージ。
脚にしっかりとアプローチすることで、全身が整いやすくなります。

老若男女に幅広くピラティスを指導する講師から教わるケア方法。
ご自宅でも続けられる簡単なセルフケアを身に着けてみませんか?
頑張ったご褒美には、アーユルヴェーダランチが待っています。
今回は、インド修行帰りのAyamiのスパイス料理をいち早くお届けできます。
メニューは春のデトックスをテーマに旬の食材で。
毒素を出しやすくなった身体に、やさしいお食事を。

心地よく春を過ごすことで、夏の身体の準備もできるんです。
アーユルヴェーダの知識を持つGingerとAyamiの両講師と一緒に
素敵な春の始め方を学びにいらしてくださいね。


【日時】
2018年4月1日(日)
第1部10:30~13:00 ☆満席・キャンセル待ち受付中
10:30~12:00 Gingerのリンパマッサージ&フットピラティス
12:15~13:00 Ayamiのアーユルヴェーダスパイスランチ
第2部 15:00~17:30 ☆お席に余裕あり
15:00~16:30 Gingerのリンパマッサージ&フットピラティス
16:45~17:30 Ayamiのアーユルヴェーダスパイスランチ

【会場】 
アトリエ SpiceSpice
阪急神戸線『武庫之荘駅』より徒歩7分
※お申し込み後、開催場所の詳細をお伝え致します。
※女性限定とさせて頂きます。

【定員】
10名
(4名様より開催。前日までに定員に…

Hello! It's Ginger

Gingerと申します。

同じタイトルのブログ『Ginger's』にて、ちまちまと書いておりましたが、諸事情によりやむを得なくお引越しです。(旧ブログへは右上の『三』のマークのメニューから(旧ブログ)をクリックでジャンプいたします。)
以前のブログをご覧になってくださっていた方々には大変ご迷惑をお掛け致しますが、こちらでもどうぞよろしくお願い致します。

ピラティス、アート、生活のことなどをこれからもちまちまと発信して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

Instagram:@ginger_jinjya


REPORT: Ayurveda and Pilates ~Autumn workshop~

ヨガビオラトリコロール 本町スタジオにて、ワークショップ シリーズ『たかめていく氣と血のめぐり 〜ピラティスとアーユルヴェーダができること〜』がスタートし、全四回 + 特別講座 のうち第一回 秋編 『血のめぐりと質を高めるアーユルヴェーダとピラティス』が無事に終了致しました。
ご参加のみなさま、お忙しい中本当にありがとうございました!


第一回講座秋編では、中医学、薬膳・漢方の基礎をとっかかりにアーユルヴェーダの基礎をお伝えすることが土台でした。
この講座ですべてをお伝えするなんて途方もないので、私がお伝えしたかったことは、私が実践して『良い!』と確信していること。
これを主軸に中医学、アーユルヴェーダの基礎の部分と要の部分を…とにかくさらっと要点のみをお伝えしたので、いくらテキストで専門用語などは予め記載してカヴァーしているとはいえ情報量は膨大でした。
予備知識が全く無い状態からのご参加のお客様にはジェットコースターのような3時間だったはず。
それでも私が驚いたのはみなさんの集中力が切れなかったこと。

第一回目は体質チェックシートを使い、ご自身の体質を知ることで今後の養生のベースを明確にしていただくきっかけを作りました。 肌の乾燥やアレルギー症状の出やすい秋を心地よく過ごすために、アーユルヴェーダと東洋医学の両方の観点から秋の養生法を学びましたが、みなさん真剣そのもの。 熱い視線に応えるべく、私も黒豆や金平糖やお白湯を飲みながら熱弁をふるわせていただきました。

3時間、長いようで短い。
第一回講座で学んだ基礎知識は、残りの三回の講義、また特別講座を受講する際の土台となりますので、私もかなりの量のテキストをご用意させて頂きました。
今後の講義で毎回復習/確認として基礎の部分はご説明致しますので、単発で受講をされる方はもちろん大丈夫ですが、四回講座を通して受けられる方は一年を通して実践を重ねる中で理解を深めて行って頂きたいと願っています。 通常は複数の本やワークショップから得られる内容を一つにまとめた基礎講義でしたから、駆け足でしたが一つのことを多角的にお伝えする中で、どれか一つでもご自身で納得の行くアプローチがあったのなら嬉しいです。


経絡マッサージの後のピラティスは椅子の上で。
オフィスや自宅ですぐにでもできることばかりお伝えしました。
2グループに分かれて同じこ…